現代人は酸素が不足している?

現代人が酸素の量が不足していると言われています。
それは大気中の酸素の量も関係しています。
近代化に伴って開発が進められた結果、酸素を発する森林の数が減少したからです。

 

そして酸素不足に拍車をかけたのが、生活習慣の乱れです。
それが原因で酸素を取りこむ力が弱くなっているからです。

 

昔の人と比べて現代人は体を動かさなくなりました。
交通手段や家電製品の進化で自ら体を動かす機会が激減してしまったのです。
その結果現代人の平均体温は昔の人と比べて1度以上低下したのです。

 

体温が低下すると内臓の働きも鈍るのです。
つまり呼吸に関連する臓器の働きも弱まってしまって、
酸素を取り込む力も弱まってしまいます。

 

また喫煙や不規則な食生活、
運動不足も同様に臓器の働きを弱める原因になっています。
そして酸素を取り込む量が減ると、酸素の運搬や消費をする能力も弱くなってしまうのです。

 

心配機能の働きと酸素の運搬と消費量を増やすためには、
体内に多くの酸素を取り込むことが有効な手段です。

 

酸素を多く取りこむために大量の酸素の中に身を置いても、
それが体に全て吸収されるのではありません。体内に吸収されるためには条件が必要なのです。

 

まず一つが体内に溶け込みやすい酸素を取り入れること、
そして高い気圧のもとで酸素を取りこむこと、
この二つの条件が揃って初めて大量の酸素が体内に取り込まれます。

 

気体は気圧の高さに応じて液体に吸収される性質を持っているのです。
これを利用して気体である酸素を
体内の血液や体液に送り込むことを可能にしたのが酸素カプセルです。

 

柔道整復師の資格保有者でお仕事をお探しなら院Jobがおすすめです。

更新履歴